会社概要

「補助金を活用してみたいが、制度が複雑で利用方法がよくわからない」

「補助金を利用しないかという売り込みが良くあるが 胡散臭い」

そのような声を時々聞くことがあります。

着手金で10万円などの費用がかかる場合も少なくありません。
「資金が厳しいから補助金を活用したいのに、前金を払うなんて無理!」

そうですよね。よくわかります。

私たちHKS補助金活用支援会は、中小企業診断士が集まった合同会社です。

中小企業診断士とは、経済産業大臣が認定する国家資格

この資格の目的は、国の(特に経済産業省が推進する)方針を全国の事業者に浸透させることです。

補助金とは、国が力を入れていきたい方向性を財政面で支援する国の施策ですから、まさに中小企業診断士のミッションそのものなのです。

 国が税金を財源に、その方針にあう事業者だけを選んで支援するお金が補助金です。
 私たち中小企業診断士はその国の方針を正しく伝え、方針にあう事業を後押ししたいと考えています。

 一人でも多くの経営者の方に正しい補助金の活用方法を知って欲しい。そして、補助金を正しく活用して経営革新につなげて欲しい!そんな強い思いからHKSは生まれました。

 

 当社のコンサルタントは、中小企業診断士であることはもちろん、その中でも一定期間の研修を積んだ者だけがコンサルタントとして申請事業者様の補助金を活用するお手伝いをさせていただきます。

 

2017年4月に任意団体として発足し、2018年1月に合同会社として法人登記いたしました。

発足以来支援させていただいた補助金申請件数は、60件を超えました。

まだまだ、小さい団体ですが、日本全国に安く高品質な補助金活用コンサルティングサービスをお届けすべく、これからも地道に活動していきます。

■会社概要