補助金申請のポイント

補助金申請4つのポイント

1.政策、目的などの差による補助金の種類

行いたい事業と、国、行政の目的が合い、その効果が期待できれば、補助金交付の可能性が十分あります。

  • 補助金は、国、行政の政策ごとに、さまざまなジャンルで募集されています。
  • 補助金の「目的・趣旨」、「特徴」と自分の事業がマッチしそうか確認しましょう。

2.補助を受けられる費用の範囲

  • 全ての経費が交付される訳ではありません。事前に募集要項等で補助対象となる経費・補助の割合・上限額などを確認しましょう。

3.申請期間の短さ

補助金は応募期間が短いものが多いです。
例えば、平成26年度補正予算「創業・第二創業促進補助金」は約1ヶ月の応募期間でした。その間に要綱の理解、書類作成、申請準備など進めることはかなり難易度が高いといえるでしょう。

4.審査、検査によって補助金の決定、受領ができる

  • 補助金額は「事前の審査」によって決定します。事前審査には「申請」が必要です。ポイントをおさえた、わかりやすい申請書作成が重要です。
  • 補助金は、検査を受けた後、受け取ることができます。事業の実施後に報告書等の必要書類を提出して、検査を受けることを忘れずに。

それでは、代表的な補助金についてみてみましょう。