設備投資をしたい

設備投資をお考えの中小製造業者のみなさまへ

下記のようなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 新製品を考案したが、試作のための金型費用が捻出できない

『射出成形の試作の金型代100万円と設計費20万円の合計120万円。量産用の金型治具費用700万円がかかるんですが、売れるかどうか分からないためずっとアイディアのままです。』

  • 新サービスを実現するソフトウェア開発をしたいが、開発費が高く踏み切れない

『某業界に特化した、マッチングサイトをWebアプリケーションで開発したいと思っています。ですが、開発費が300万円ほどかかるため、資金がなく着手できません。100万円ぐらいなら用意できるんですが・・・』

  • 新しい設備を導入すれば、受注できる仕事があるが、確実に受注が来るかわからないため、投資に踏み切れない。

『今まで受注してきた精度から、ひとケタ厳しい精度を求められて困っています。現有設備だと、仕上げの手加工が入ってしまい、量産の数をこなせないんです。最新設備なら2次加工無しでいけるので、量産も楽にこなせるんだけど3000万円も出せないので困ってます。1000万円ぐらいならなんとかできるんですけどね~』

 

そんな中小企業様に朗報です

設備投資の目的が国の方針と合致すれば、

設備投資の2/3を国や自治体が資金援助してくれる

支援があります。

しかもその資金は返済不要です。

当社では以下の補助金をお薦めしております。

全国の中小企業様でご利用頂けます。 東京都内の事業者様限定です。
今すぐ申し込みたい方はこちら